両槻会第71回定例会のお知らせ

12月7日(土)

両槻会 第71回定例会が開催されます!

テーマは

「本居宣長と奈良」

講師は帝塚山大学非常勤講師・元大阪歴史博物館学芸員
伊藤 純 先生。

前々回の定例会にご参加の皆様の中には、先生のお姿を記憶されている方もいらっしゃることでしょう。
何年関西で暮らしても変わらない、江戸前のべらんめえ口調(失礼!)。
学識豊かな学者でありながら、ふとした拍子に見せる、少年のようなまなざし。

その伊藤先生が、満を持して定例会にご登場下さいます。
さてどんなお話が聞けるのか? 私たちスタッフも楽しみでなりません。

いただいた概要によれば、『菅笠日記』だけではない宣長の奈良への旅を紹介して下さるそうです。
宣長48歳の時の旅の様子を記録したのが『菅笠日記』ですが、それ以外にも28歳と72歳の時、宣長は奈良を訪れているそうなのです。へええ~、ですよね。
今回は72歳の旅を中心にお話し下さるそうです。
48歳の旅とはどう異なるのか? 逆に、変わらないものはあるのか?
興味は尽きません。

 

先生の講義は午後からですが、午前中には

事前散策

を行います。

前回の定例会では雨にたたられ上ることのできなかった天香具山、バスの時間の都合でカットした大原、八釣などを巡ります。

詳しいルートは こちら

前回、香具山に上れなくて残念な思いをした方、大伴夫人の墓に行ってみたかった!と無念の思いをかみしめた方、そんな方々はもちろんのこと、参加されなかった方、参加が初めての方にも、ディープな飛鳥の魅力を味わっていただけるコースです。

もちろん、資料もパワーアップ(鋭意制作中!)

皆さん、ぜひ「まだ見ぬ飛鳥」に会いに来て下さい!

お申し込みは

両槻会事務局 asukakaze2@gmail.com にメールをお送りください。

ハンドルネームと連絡先だけで結構です。
「第71回定例会参加希望」と明記して下さい。

残席まだ多少あります。
皆さまのご参加をお待ちしております !

一緒に初冬の飛鳥を歩き、伊藤先生のお話を堪能しましょう!\(^o^)/

両槻会
スポンサーリンク
梅前 佐紀子をフォローする
梅前佐紀子の古代史日記

コメント