両槻会定例会無事終了しました

5月18日(土)に開催された「両槻会第69回定例会」は、無事に終了いたしました。

学生さんたちはもちろん、私も頑張りました。

緊張はしましたが、なんとか無事にしゃべり終えられてよかったです。

終了後、

「和風の建物」はないだろう、「和風」は!

とお叱りの言葉もいただきました。

確かに「くだけすぎ」だったかな?とも思いますが、古代史初心者の方から上級者の方まですべてを満足させることはしょせん無理な話なわけで、そのあたりにつきましては後悔しておりません。(つまり「反省まったくナシ!」爆)
それに、

「我が国に古来伝えられてきた伝統的な建築方式である掘っ立て柱方式によって建てられた建造物」

などといちいち言っていたら時間が足りなかったし!
タイムキーパーの学生くんによれば「11分」だったらしい。(制限時間は10分)
いや、もっとしゃべりたいことはあったんだけどな!
今回はこんなところで勘弁してやるわ!(嘘です、スミマセン)

それでも、途中で参加者の方から

あなたのお話聞けてよかった。来たかいがありました。

と言っていただけて、涙が出るくらい嬉しかった。
その一言で、すべての苦労が報われた気がしました。

その言葉で、また前へ進んでいける。

ありがとうございます。
心からの感謝を申し上げます。

参加して下さったすべての皆さんにも。
ありがとうございました。

 

 

両槻会
スポンサーリンク
梅前 佐紀子をフォローする
梅前佐紀子の古代史日記

コメント