「古事記」より~須佐之男命(スサノオノミコト)

 「古事記」神代におけるスターといえば、何といっても須佐之男命(スサノオノミコト)だろう。天照大神(アマテラスオオミカミ)や大国主命(オオクニヌシノミコト)など、他にもキラ星のごとく神々はいるけれど、須佐之男命の存在感は他を圧倒している。

 須佐之男命の父は伊邪那伎(イザナキ)である。伊邪那伎といえば、妻・伊邪那美(イザナミ)とともにこの世界を一から造り上げたとされる神だが、伊邪那美を追って黄泉の国へ行き、振り返ってはいけないと言われていたのに振り返りさんざんな目に遭わされたのち、その穢れを払うための禊ぎの際、左の目から天照大神を、右の目から月読命(ツクヨミノミコト)を、そして鼻から須佐之男命を生み出したとされている。

 伊邪那伎は、天照大神に「高天原」を、月読命に「夜の國」を、須佐之男命に「海原」を治めるよう命じる。
 だが、須佐之男命だけはその命令に従わない。彼は

僕(あ)は妣(はは)の國 根(ね)の堅州國(かたすくに)に罷(まか)らむと欲(おも)ふ
(僕は母親のいる根の堅州國へ行きたい)

と言って泣くのだ。
 要するに、死んでしまったお母さんに会いたいよう、と言って任地に赴くことを拒否しているというわけだ。

 だが、ちょっと待ってほしい。
 先にも書いたように、須佐之男命は伊邪那伎が鼻から生み出した神である。伊邪那美は彼の母でも何でもないのだ。それなのに「母に会いたい」と泣く須佐之男命。ハチャメチャな展開であるが、「母なき男のマザーコンプレックス」と考えると哀れを誘う。

 命令に従わない須佐之男命に対し、当然、伊邪那伎は怒る。

然らば汝(いまし)はこの國に住むべからず
(それならお前はこの国に住んではならない)

と彼を追放する。
 父の國から追放された須佐之男命、命ぜられた「海原」ではなく、なぜか天照大神のいる高天原へ向かう。
 突然の弟の来訪に、天照大神は警戒心をあらわにする。須佐之男命は自らの潔白を証明しようと、互いの持ち物から神を生み出してみようではないかと提案し、それを受けた天照大神は須佐之男命の剣から三人の女神を生んでみせる。それに対し須佐之男命は、天照大神の持ち物から五人の男神を生む。
 どちらが勝ちか、古事記と書紀とでは解釈が異なり、さまざまな異伝を載せるのだが、須佐之男命は「自分が勝った」と主張し、高天原で暮らすことになる。

 ところが須佐之男命は姉の国で大暴れ。畔を壊したり、溝を埋めたり、大嘗祭を行う殿に糞尿をまき散らしたりとやりたい放題である。
 そんな須佐之男命を天照大神はかばう。「糞尿をまいたのは酔っていたから」「田の畔や溝を壊したのは土地が惜しかったから」などと必死に言い訳する。
 それに気を良くしたのか、須佐之男命はさらなる暴挙に及ぶ。天照大神が機を織っている建物の屋根から、逆剝ぎにした馬を投げ入れたのだ。それにより機織り女が死んでしまう。

 これら一連の暴挙は、須佐之男命の錯綜したマザーコンプレックスが姉に向かって炸裂した結果と見るべきだろう。母の愛を知らない須佐之男命は、暴力によってしか愛情を表現できないのだ。

 弟の暴挙に怒った天照大神は岩屋に閉じこもり、かの有名な天の岩屋戸のエピソードとなる。神々の説得により岩屋戸から出てきた天照大神は、毅然とした態度をもって弟を追放する。

 高天原を追われた須佐之男命の次なる行動は「八俣のオロチ退治」である。
 ここでは須佐之男命はそれまでの乱暴者の顔はどこへやら、弱きを助ける正義の味方のヒーローとなって大活躍する。そこに至る心境の変化などはまったく描かれない。彼は唐突に改心するのである。
 だが、どんな荒唐無稽な脚本であっても、大スターが主役となれば満員御礼となってしまう映画のように、須佐之男命のスター性はそうした矛盾をも蹴散らしてしまう。大立ち回りの末、彼は無事オロチを退治し、助けた櫛名田毘売(クシナダヒメ)と結ばれる。


 ところが、改心してヒーローになっただけでは終わらないのが須佐之男命の面白さなのだ。

 大国主命(オオクニヌシノミコト)という男が登場する。彼は「稲羽の白兎」のエピソードで有名だが、兄たちにさんざん迫害され、殺されそうになって、母の助言により須佐之男命の治める国へ行くことにする。実は大国主命は、須佐之男命の5世の孫なのだ。

 その頃、須佐之男命はなぜか、伊邪那伎に命じられた「海原」ではなく、伊邪那美がいたはずの「根の堅州國」を治めている。(そのあたりの経緯は明らかにされていない)
 そこを訪ねた大国主命は、須佐之男命の娘、須勢理毘売(スセリヒメ)と恋仲になる。

 ……「5世の孫」と「娘」が恋するって、世代的・年齢的に矛盾があるんじゃないの? と思うけれども、そのあたりは「神」ってことで、何の疑問もなく物語は進んでいく。

 その大国主命に対する須佐之男命の態度が、非常に面白いのだ。


 須勢理毘売が「とっても素敵な人が来たわ」と言えば、

こは葦原色許男(あしはらしこを)と謂ふぞ
(なんだ、とんでもないブ男じゃないか)

などと言う。
 二人が恋仲になったと知るや、大国主命を蛇のいる部屋に寝かせたり、ムカデと蜂のいる部屋に通したりする。大国主命がその危機を乗り越えると次には、鏑矢を取って来いと命じ、その野に火を放つ。こうなると嫌がらせのレベルをはるかに超えた、殺人行為と言っていいだろう。
 ネズミの穴に隠れて生きながらえた大国主命に、須佐之男命は今度は自分の頭のシラミを取るよう命じる。だが髪にひそんでいたのはシラミではなく毒のあるムカデで、大国主命は須勢理毘売の機転によってそれを噛み殺しているように見せかけることに成功する。
 ここまでされては温厚な大国主命もさすがに腹が立ったのだろう、眠りこけた須佐之男命の髪を柱にくくりつけ、須勢理毘売と手に手を取って逃げ出す。目が覚めそれに気づいた須佐之男命の台詞がなかなかいい。

おれ大國主神となり、また宇都志國玉神(うつしくにたまのかみ)となりて、その我が女須勢理毘売を嫡妻(むかひめ)として、(中略)居れ。この奴

 「おれ」というのはお前、おぬし、などと同じような二人称の卑称。最後の「奴」はやはり相手に対する侮蔑の呼称なので、この言葉は

てめえ、大國主神と名乗って、さらに宇都志國玉神とも名乗って、俺の娘の須勢理毘売を正妻にしやがれ、この野郎!

というほどの意味となる。
 愛する娘を泣く泣く嫁に出す父親の心情がよく表されている言葉ではないか。
 現代でいえば、「俺の会社継がせてやるから、俺の娘を幸せにしろ、この野郎」という感じだろうか。愛娘の幸福を願う父親の心情が切ない。
 ところがこの大国主命が、あちこちの女に手を出して須勢理毘売を嫉妬に狂わせるんだから、古事記もなかなか手が込んでいる。父親以上に娘を愛する男性はいないということなのか。

 この言葉を最後に、須佐之男命は古事記から姿を消す。
 きかん気な少年時代、反抗を繰り返す青年時代を経ていっぱしの大人になり、最後は娘を溺愛する父になる。古事記最大のトリックスター須佐之男命は、実は非常に普遍的な生き方をした実に「人間くさい」神なのだ。

 古来、須佐之男命がさまざまな物語や戯曲、絵画などに取り上げられてきたのは、そうした「人間くささ」が人々の共感を呼んだからではないだろうか。
 時に泣き、時に笑い、怒り、苦悩する神。
 実に魅力的な神ではないか。

(2016年3月4日)

読書
スポンサーリンク
梅前 佐紀子をフォローする
梅前佐紀子の古代史日記

コメント