古代史

伊勢神宮の成立とその目的について

 昨年(2013年)、伊勢神宮は62回目の式年遷宮を終えた。室町時代に一時期絶えたことはあるものの、古代から連綿と続けられてきたとされる稀有な儀式である。 なぜ式年遷宮を行うかについては諸説あるが、神の社から神具にいたるまですべてを新しく...
日々雑感

川の中から

本を出版してわかったことのひとつが、「小説を書いている人」は意外と多い、ということである。
読書

「とりかへばや物語」その2

さて。後編である。  実は女である中納言、自分の妻が妊娠したってんでびっくり仰天、傷心をかかえて旅に出る。
読書

「とりかへばや物語」その1

 先日、とても面白い本に出会ったので今回はそのご紹介を。  今回読んだ本は‥‥「とりかへばや物語」。 不勉強な私は、これがどういう話なのか全く知りませんでした。 この物語をベースに書かれたという氷室冴子先生の「ざ・ちぇんじ!」も読んだ...
読書

「蜻蛉日記」その2

 前回、道綱母のことを書くために「蜻蛉日記」を読み返してみたところ、彼女の息子である道綱くんがあまりにラブリーでキュートなので今回はそのお話をば。 道綱くんは、「蜻蛉日記」の作者が時の摂関家の貴公子、藤原兼家との間にもうけた一人息子であ...
スポンサーリンク